mie_kuwana のすべての投稿

005ありがたいの重さ

林政義

東海地方に大雪が降りました正月早々、私は足を滑らせて全身を強打いたしました。幸い骨には異常はなく事なきを得ましたが、家に戻りましてからホッと油断したせいか、全身に激痛が走りトイレに行くことはおろか、寝返りさえ打つのが困難な状況になりました。
この70余年間入院生活はおろか、3日と寝たことがない私は、妻の手を借りずには生活ができず、そのもどかしさや情けなさとともに、いつ回復するのだろうか、大丈夫だろうかと、さまざまな恐れや不安が襲ってきました。

しかし、少し落ち着くと、健康であるのが当たり前と思っている私であったことに気づかされ、改めて健康のありがたさを強く知らされ、床の中で合掌し「ありがたいことだ」とつぶやいていました。そして、ある先生のお言葉を思い出しました。それは、十字の名号である「帰命尽十方無碍光如来」の「尽十方(じんじっぽう)」とは、光に遇い得るはずのない私。その私ですら光に照らされているという感動において讃えられている言葉なのです。同様に、「ありがたい」という言葉は、自分はこういうことをしてもらえるはずのない者にもかかわらず、いま現にこのようにしてもらっているという事実に驚き、感動した歓びの言葉である。してもらって当然と思っている者には「ありがとう」という言葉など出てくるはずがない、という内容でした。

我々が勝手な思いで全て当たり前だと生きていることが、どれだけ人を傷つけ、あらゆるいのちを奪ってきたかを思います時、「ありがたい」という、この言葉の重さを感ぜずにはおれません。

004最期のプレゼント

本田武彦

昨年の秋、私の実家の父が67歳で亡くなりました。肺ガンでした。病気が発見されてから3カ月余りで逝ってしまったので、その間会うことができたのは、ほんの数回でした。「また近いうちに来るし」「ああ、気をつけて帰り」それが最後の会話になりました。次に会った時、父の顔には白い布が掛けられていました。そっと持ち上げると、そこには意外なほど安らかな表情がありました。それから3日間、ずっと父のそばに居ました。今までずいぶん長い時間を父と過ごしてきたはずなのに、その3日間ほど父を思い、父に話しかけたことはありませんでした。浮かんでくるのは思い出が半分、後悔が半分。自分が父から与えられたもののあまりの多さ、大きさに初めて気づき、それらに対して何も返してこなかったことを心底情けなく感じました。そして改めて、人が亡き父母の追善供養を願い、そのために手を会わせずにはおれないという思いの深さをも知らされました。しかし同時に、亡くなった人のために何かができるような力など、私には決して無いのだということも明らかなことであります。もしそのようなことができるのだと言うならば、それは傲慢以外の何ものでもないでありましょう。

『歎異抄』第5章には「親鸞は父母(ぶも)の孝養(きょうよう)のためとて、一返(いっぺん)にても念仏もうしたること、いまだそうらわず」(真宗聖典628頁)とのお言葉があります。人間の思いがいかに深いものであろうとも、真実はそれを越えた厳然たるものであることを明らかにされているのです。聞きようによっては冷たくすら感じるこのお言葉の中には、念仏の教えに目覚め真実に生きよ、との聖人の熱い願いがこめられているのだと感じたことであります。

父はその命をもって、返しても返し切れず、また決して無くなることのない大切なものを私に与えてくれました。

003カレンダーに学ぶ

伊藤静子

年が明けて、世界遺産やお花、そして日本の四季の風景など、いろいろ新しいカレンダーが部屋を明るくしてくれています。

私の居間にあるカレンダーは「目をあけて眠っている人、私もその一人でした」という言葉から始まっております。「目をあけて眠っている人」という短い言葉ではありますが、この言葉に出合った時、なぜか私のすべてが言い当てられているような気持ちになりました。

私は寺の坊守ですから、毎日毎朝、お仏飯をお供えしたり、ご本尊に手を合わせたり、少しでも格好の良い仏華を生けたりすることが日課となっております。でもいつの間にか、それは私にとっては当然のことであり、当たり前のことになっていて、尊い仏法に出会っているという気持ちは生まれてこないのです。お仏飯をお供えすることはできましても、お供えせずにはおれないような自分にはなかなかなれそうにありません。

私が生きていくのに、本当に大切なことは何か、毎日毎日、本堂やお内仏の荘厳に出合いながら、それらの形を生み出している尊い教えや、お心に出合うことができず、ただ何となく一日一日が過ぎていく自分の生活全体が、言い当てられている言葉であったと気づかせていただきました。

今年もまた聞法者の一年生に帰って歩ませていただこうと思っています。

002命を考える

折戸芳章

昨年の11月頃、松阪市内の国道42号線を車で走行中、歩道で顔をハンカチで抑えながら泣いている女子高生と、その横で車のあい間を見計らっている男子高生、ふっと車の前を見ると黒い子犬が横たわっていました。恐らく犬好きの女子高生が車にはねられた子犬を見つけ、可愛そうに思い、ボーイフレンドに助けてくれるように頼んだのでしょう。日常、車を運転していると、犬や猫が横たわって犠牲になっているのをよく見かけますが、「私と同等の命が犠牲になっている」という思いはなく、通り過ぎてしまいます。しかし、蓮如上人が「老少善悪の人も、富貴(ふうき)も貧窮(びんぐ)も男女も区別ない」(真宗聖典785頁)と教えていただいているように、人間の命も犬の命も区別はなく平等である筈です。

昨今、命の軽視が問題となっているそんな折、昨年9月11日にアメリカで起こったテロ事件と、それをきっかけに、報復という名のもとにアメリカが取った行動によって多くの人命が犠牲になり、また毎日のように新聞・テレビが交通事故・殺人事件による人命の犠牲を報じています。

日常、私のものであると大きな思い違いをして私有化している命ですが、そうではなくこの地球上に有る命は人間も含め全て平等であり、そしてはかり知れない働きによって生かされている命を賜っていたのだと気がつけば、あの2人の高校生の行動に、命の平等を今一度考えなくてはならないと、わが身の問題として思い返さずにはおられません。

001人間の要求

武井弥弘

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、明るい希望と期待を持って出発した21世紀最初の年は、奇しくも「同時多発テロ」に代表される様々な事件によって、世界中の人々を不安と恐怖に陥れました。いつまたあのようなテロがどこで起きるか分からない、炭疽菌(たんそきん)のような化学兵器がいつ忍び寄るかも分からないといった、行く先の見えない不透明さは、人間に不安を与え、恐怖でさいなみ、孤独の世界に陥れたのです。

そのような中、アメリカのある新聞は、今年2002年はニューヨークの人口が増加すると報じたそうです。何故あのような大惨事の起こったニューヨークの人口が増えるのでしょうか?そこには本来人間は何を求めているのかが証明されているように思われます。

世界の経済の中心であるニューヨークで自分の能力や力を頼みにし、自分は一人でも十分に生きていけると自信を持っていた人々が、先のテロ事件以来、不安と恐怖によって一人で夜を過ごすことができなくなったというのです。誰かと一緒に居ないと怖くて寂しくて仕方がないということから、異性を求めてカップルが誕生し人口が増えるといった内容です。

そこには、やはり人間は孤独では生きられない、誰かとつながっていたい、常に共にありたいということが基本に求められています。テロだけでなく、経済的にも世界中が危機にさらされている今日、人々が本当につながりあえる世界に目を向けなければならない時が来ています。

そのようなことを思いますと、どうしても、真宗の教えを今一度聞きひらき、真宗門徒の生活を回復しなければならない時が来ているのだと改めて強く感じます。

真宗大谷派(東本願寺)桑名別院本統寺

 

桑名別院の新着情報のご案内

>>詳しくはコチラ

桑名別院の法要・法話案内のご案内

>>詳しくはコチラ

桑名別院の紹介と歴史のご案内

>>詳しくはコチラ

桑名別院の年間予定のページです。

>>詳しくはコチラ

寺務取扱い(法要)に関するページです。

>>詳しくはコチラ

桑名別院を支える人々の紹介ページです。

>>詳しくはコチラ

様々な仏事に関する事をQ&A形式でお答えします。

>>詳しくはコチラ

作法についての案内ページです。

>>詳しくはコチラ

福島のこどもたちを「三重へ」プロジェクト

2016チラシ

「福島のこどもたちを三重へ」プロジェクト 募集要項

一般募集は7月中旬ごろに受付開始予定です。しばらくお待ちください。

日  時:2016年8月17日(水)~8月22日(月) 5泊6日
募集人数:30名 (定員になり次第、募集を締め切らせていただきます)
対 象 者 :福島県在住の方(県外避難含む)
対象年齢:小学3年生~中学3年生(対象年齢外の方でも保護者兄姉親戚の方同伴で参加可能です)
                (過去参加者の対象年齢は20歳以下)
交通手段:大型バス
参 加 費 :1万円

* 甲状腺検査を実施いたします。希望される方は応募時に申し込んでください。
* 受験勉強&宿題タイムを設けます。

主な日程は下記をクリックしてください