真宗の教え

  • 浄土真宗とは

     親鸞聖人は、よきひと法然上人との出遇いを通して、すべての人が平等に無条件に救われる教えを浄土真宗として頷かれました。

     それは、「ただ念仏して弥陀にたすけられ」よとの呼びかけを聞きながら、必ず「本願を信じ念仏もうさば仏になる」という生き方を賜る教えです。そこに、ただ一度の人生を空しく過ごすことなく、人生を生き尽くすという道が開かれてくるのです。

     私たちはいつも何かと比較しては一喜一憂して生きています。しかし、それぞれの人生は何かと比較してあるわけではありません。私たちは誰しもが、どこまでも一人の人間として、賜った人生を後悔と不足なく生きるために生まれてきたのでありましょう。それは、幸せだからといって有頂天になる必要もなく、また不幸だからといって絶望の淵に叩き込まれることでもありません。

     念仏の教えを聞くことを通して、一人ひとりに生きる意味を確かめる生き方が開かれることです。言い換えれば、今生きている身の事実に足を着けながら、自分を大事にしながら一歩一歩人生を積極的に歩ませる道を、親鸞聖人は浄土真宗という仏道であると教えられたのです。